アプリビジネス最新レポート Vol.17

アプリビジネス最新レポート Vol.17【導入事例(O2O)-いなげや様】小売をアプリで変えるスーパーマーケットの会員をデジタル化

  • O2O

お客様にプラスオンの利便性を
アプリで旧来のポイントカードを
サービス拡張

アプリを導入したきっかけ

変わりゆくポイントサービス
アプリ化は必然的な流れ

当社では、以前から「ing・fanカード」というポイントカードを運用しております。2016年4月には、お客様により便利に使って頂けるよう大幅な特典変更を行いました。

ポイントカードサービスは、当初ポイント付与によるいわゆる顧客の囲い込みを目的としたサービスとしてスタートしましたが、徐々に販促や会員証といったさまざまな側面を持つようになり、今ではスマートフォンがその機能を代替する時代になりました。

変わりゆく顧客行動に追従するためにも、スマートフォンアプリの導入は必然的な流れと言えます。

アプリを導入してどうか?

物理的なカードがないことによる快適さ
メルマガの代替としてプッシュ通知に期待

何より大きなメリットだと感じているのは、財布から1枚ポイントカードを減らす事ができた点です。あらゆる業種がポイントサービスを導入している現在、財布の中で増え続けるポイントカードに、頭を悩ませているお客様も多く、それが元で当社のポイントカードサービスに加入されないお客様もいらっしゃいます。そのような物理的な変化がスマートフォンアプリの導入によって起きたことは、非常に大きかったと感じています。

運用していく中で特に利用頻度が高い機能は、プッシュ通知です。実は以前メルマガを運用していたのですが、効果が感じられず止めておりました。プッシュ通知には新しいツールとしての期待をしていますが、それと同時に、あまり頻繁に打つべきではないとも考えています。業種上、毎日でも情報をお届けすることは可能ですが、多いことがお客様にとってのメリットにつながるとも思いませんので、そこは意識して調整しています。社内からは、もっと頻繁に送って欲しいという要望も来てはいるのですが。

現時点では、ダウンロードを促す大きなキャンペーンなどは行っておらず、新たなサービスのラインナップを増やすフェーズという認識です。

いなげや イメージ

なぜYappliか?

自社開発にはリスクが多いと判断
拡張性、市場での立ち位置を総合評価して選定

スクラッチで開発するべきだという話ももちろんありました。しかし、コストと時間をかけることによって生じるさまざまなリスクを考慮すると、まずはスモールスタートさせるのが賢明だと判断しました。

また、スマートフォンアプリはどうしてもOSのアップデートという問題に直面します。これを自社で対応するには膨大なコストが必要となりますし、社内体制が整っているわけでもありません。Yappliはその点の心配がないため、使わせて頂く方が得策だろうと判断しました。

それに、ご提供されているサービスの内容や今後の拡張性、市場でのYappliの立ち位置を総合的に鑑みても、他社より優位性があると判断しました。

今後の展開

お客様に喜ばれる機能を活用したい
商品の”ストーリー”を語ること

スモールスタートということもあり、まだYappliの機能をすべて使い切れていませんので、今後はそれを活用することでお客様にどのようなメリットがあるのかを熟慮しながら、次のステップに進みたいと考えています。 我々は、POSデータと呼ばれる実際の購買情報と誰が購入しているのかというお客様の情報を持っております。それらを活用したサービスを開発していけば、お客様にとってより便利で、受け入れられるサービスが展開可能だと考えています。

スーパーマーケットとしてお伝えできるコンテンツは何だろうと考えた時、本来我々がお客様に伝えられるのは、店頭に並ぶ商品のストーリーです。この商品は誰がつくっていて、どこから来ているのか。そういった魅力的なサービスやコンテンツを作るのはもちろん簡単なことではありませんが、お客様が「買い物するなら、いなげやだね」と何気なく思って頂けるようになれば、本当に嬉しいことだと思っています。

Yappliだけの3つの特長

  • ポイントカード機能

    今までプラスチックのカードで提供していたポイントカードをアプリ内に実装。レジ前でスムーズな利用が可能になりました。

  • プッシュ通知の活用

    メルマガの代替として、プッシュ通知機能に期待をしています。送り過ぎないよう控えていますが、社内からはもっと送って欲しいという要望も来ます。

  • リスクを抑えたスモールスタート

    「アプリの導入」はとても大変なことと感じていましたが、Yappliなら利用する機能を選択するだけで、スモールスタートすることができました。

  • いなげや ロゴ

    いなげやは1900年、立川駅前に鮮魚店として創業し、現在ではスーパーマーケットチェーンとして1都3県に店舗を展開、またドラッグストアの「ウェルパーク」をはじめとした7社のグループ企業にて運営しています。

    経営理念として、お客様の健康で豊かな暖かい日常生活と、より健全な社会の実現に貢献する「すこやけくの実現」および、お客様のお喜びを自分自身の喜びとして感じられる人間集団を目指す「商人道の実践」を掲げ、常に創業の原点である「まずお客様ありき」の元、お客様第一主義に徹した商いを実践しています。  

    これからも、時代とともに変化する生活スタイルに対応しつつ、お客様への「おもてなしの心」を大切にしてまいります。

いなげや App Download

  • いなげや スクリーンショット1
  • いなげや スクリーンショット2
  • いなげや スクリーンショット3
  • いなげや スクリーンショット4
App Store Google Play いなげや QRコード
株式会社いなげや 営業企画部 カード推進グループ リーダー 堀合 洋介氏

株式会社いなげや

営業企画部 カード推進グループ

リーダー 堀合 洋介氏

  • 資料請求

    Yappliについてさらに詳しく知りたい方は、
    詳細資料がダウンロードできます。

    今すぐ資料請求する
  • お問い合わせ

    不明点はございますか?
    お気軽にお問い合わせください。

    今すぐ問い合わせる
page_top