アプリビジネス最新レポート Vol.38

アプリビジネス最新レポート Vol.38【導入事例(BtoB) - hoyu様】

  • media

美容師さんがお客様に提案する際に
活用できる機能をどんどん増やしたい

アプリを導入したきっかけ

全国に22万軒あるサロン様に
直接的に商品の魅力を伝えたかった

国内における弊社の商品流通チャネルは、コンシューマー用・プロユース用の2つありまして、私はプロユース、サロン様向けに商品を展開しているプロフェッショナルカンパニーに所属しております。
サロン様向けの商流は、ホーユー・代理店様・サロン様・お客様の順となってます。
髪のプロフェッショナルである理美容師さんが取扱う商品ですので、商品理解を深めていただくために、理美容師さんに向けて情報発信することがとても多いですね。
全国のサロン様に情報をお届けするには、自社の営業はもちろん、全国にある販売代理店様を通じて行うのですが、全国に約22万軒もあるといわれているサロン様を隅々まで網羅するにはどうしても限界があります。

また、新商品を発売する際の商品紹介も、代理店のご担当者様からサロン様にお伝えいただいております。
そうすると、代理店様向けの「商品説明資料」が必要になりますし、代理店様ごとにサロン様向けの提案資料を作成することもあり、とにかく数が膨大でした。紙の資料で展開することがほとんどで、全商品のパンフレットや提案資料を営業や代理店様に持ち歩いていただくのは物理的に不可能です。
ホーユーの営業や、代理店様にとって簡単な紹介ツールで、尚且つ理美容師さんへもっと直接的に商品の魅力を伝えるための方法はないか?とずっと考えていました。

過去に、多額の費用をかけてオウンドメディアを運営していたこともあったのですが、一般の方含め誰でも見ることできるWEB上での表現では、広告とみなされてしまうため、理美容師様にお伝えしたい有益な情報や魅力を伝えきれない場面が多くありました。そのような制限がある中でオウンドメディアの運営を続けるには、費用対効果の実感が足りないのが正直なところでした。

これらの課題を解決する手段を探しているときに、たまたま展示会でYappliを知りました。

hoyu イメージ

なぜYappliか?

圧倒的に低コストで、
今までできなかった有益な情報をダイレクトに発信可能に

過去に一般ユーザー向けアプリを他部署で作ったことがあるのですが、とにかく費用が高くて、メンテナンスが大変だというイメージしかありませんでした。また、アプリにしたところで一般公開するのであれば、結局オウンドメディアと同じく有益な商品情報の発信ができないし手段としてはどうかな・・・と考えていたんです。

ただ、実際Yappliの話を聞いたら一気に興味を惹かれました。まず、費用がとても安くて驚きましたね。オウンドメディアと比較すると圧倒的に安い上に、開発にもそれほど時間がかからず、更新も簡単そうだと感じました。

最大の懸念点だった表現の規制についても、一般ユーザー向けに解放するのではなく、BtoBアプリとして公開範囲を制限することで解決されました。
今までできなかった薬剤の混ぜ方や、応用的な使用方法など、美容師さんにとって有益な情報を発信でき、コストも安く、運用も簡単と、Yappliには私たちが求める条件が全て揃っていました。

アプリを導入してどうか?

紙資料の印刷コストを削減
アプリを通して社内連携も強化された

まず、これまで紙で展開してきた商品紹介資料を全てアプリに集約できたので、印刷コストを大幅に削減できました。
営業担当からは、重い資料を持ち歩かなくてもアプリがあればすぐに商品紹介できるようになってとても助かるという声をもらっています。
オウンドメディアを運営していた時は、コンテンツが更新されてもなかなか社内の人が見るきっかけがなかったのですが、アプリに切り替えたらプッシュ通知が届くのもあり皆が見るようになりましたね。各商品担当者からアプリでこんな企画を展開してみたいと相談されたり、どのようなコンテンツを制作していくべきか他部署の方から意見をいただけたり、部署間の連携を促し、社内全体で運営に取り組めている状態になってきていると感じます。何か誤りを発見した際にすぐ修正できるのも非常に助かっています。

何より、理美容師さんに直接的に有益な情報を届けられる体制が構築できたのは大きいですね。弊社にはサロン様向けに講習やセミナーなどの教育企画を行う部署があります。
講習は大体、サロン様の営業終了後に店舗で行うのですが、働き方改革の影響で残業させられないというサロン様が増えてきたため、近年はだんだん講習の実施自体が難しくなってきているのです。プロならではの薬剤の詳しい使い方をサロン様へお伝えできる場は講習しかなかったため、それに代わる手段を構築することが必要でした。その点においても、Yappliで作ったBtoBアプリはすごくフィットしたんです。

今後の展開

ARによるヘアカラーのシミュレーションなど
理美容師さんが接客に活かせるような機能を実装したい

今後はYappliの機能を最大限活かしていきたいですね。
「Labo Yappli」というアプリで、Yappliで使える機能がわかりやすく解説されているのですが、こんなに色々できるんだと驚いています。
社内の企画担当者にもダウンロードしてもらい、皆で企画を考えています。
例えばAR機能を活用して、頭にかざすと髪色を変えられてヘアカラーのシミュレーションができるような機能を搭載できると良いですね。美容師さんがお客様に提案する際に活用できる機能をどんどん増やしたいなと個人的には思っています。

現在、Yappliに対して不満を感じている点はないですね。逆に当社が対応しきれていない部分が多いと感じています。これからYappliのカスタマーサクセスチームの方々が対応してくれるので、どう活用していけばいいか相談しながら進めていきたいですね。

Yappliだけの3つの特長

  • 低価格でスピーディー

    オウンドメディア運用や印刷費用と比べても圧倒的なコストパフォーマンスと、スピーディーな開発・運用。

  • クローズド配信

    ストアへ一般公開せず、特定のURLおよびQRコードからのみダウンロードが可能。

  • Labo Yappli

    Yappliでご利用いただける機能を実際に体験できるYappli公式アプリ。 一つの機能でも様々な活用事例を紹介。

  • hoyu ロゴ

    1905年に家庭薬製造販売業社として創業したホーユー株式会社は、1909年に染毛剤を発売して以来ヘアカラー製品を基盤に事業を展開。
    コーポレートスローガンを「COLOR YOUR HEART 心に彩りを」とし、現在は「シエロ」「ビゲン」などの市販品から「プロマスター」などのサロン専売品まで幅広い製品を開発、国内外に提供している。

ホーユー株式会社
プロフェッショナルカンパニー
マーケティング室
北上 裕子 氏

page_top