アプリビジネス最新レポート Vol.47【導入事例 − 株式会社八天堂様】

アプリはお客様に寄り添う
新たな手段
ポイント連携で利便性を向上し、
生活に溶け込む存在へ

フィッシングエイト株式会社
お客様広告企画課 課長
中井 昭博 氏
株式会社エサ一番
副店長
八尾 高広 氏

  • 店舗/施設集客
  • レジャー/エンタメ/旅行

お客様の釣り人生を豊かにする
1つの手段として、アプリが必要だった

アプリを導入したきっかけ

お客様との関係性を強化すべく
満を持してアプリを導入

ここ数年で、アプリを導入する同業者が増えていました。当社はしばらく静観していたのですが、お客様との関係性をより強くするために、アプリを導入するべきと考えたのです。

1974年の創業から今まで事業を続けられているのは、お客様に徹底的に寄り添い、関係性を築いてきたからです。店頭での接客はもちろん、DMも、ひとりひとりにあった情報を提供してきました。当社は来店日や購入金額などの顧客データを管理しており、ステータスに合わせたDMを送付しています。
これまで蓄積してきた顧客データを活用して、アプリでも特別感のあるメッセージを発信すれば、より満足していただけるのではないかと考えました。

なぜYappliか?

驚くほど低価格で
欲しい機能がすべて実装可能だった

Yappliは、既に導入されている同業者さんから紹介いただいて知りました。
 
アプリを導入するなら、数千万円単位のコストがかかると思っていたのですが、Yappliは予想を遥かに下回る価格だったのに加え、この価格でここまでできるのかと驚きました。

複数の開発会社にお話を聞いたうえでYappliに決めたのは、ポイント連携機能をはじめ、お客様との繋がりを強めるために必要だと考えていた機能がすべて揃っていたからです。
 
実際に導入してみて、良い意味でのギャップを体感しています。
アプリ運用には、専門性の高い技術や知識が必要と思っていたのですが、ほとんど知識のない私でも問題なく使いこなせています。サポートが充実していて、何を聞いても丁寧に回答いただけてとても助かっています。

アプリを導入してどうか?

リリースから半年で4万
ダウンロードを達成
お客様から感謝の声が届くように

周りからは「企業アプリの場合、リリース初期のダウンロード数はそれほど伸びない」と言われていました。良くて数ヶ月で数千ダウンロード、時間をかけて徐々に伸びていくものだと。でも当社の場合、リリースして約半年で4万ダウンロードを突破しました。
これは店舗スタッフが積極的にアプリをおすすめしてくれたのが大きいですね。スタッフには事前に「アプリを起点にした販促キャンペーンを実施していく予定です。自分のお客様にアプリの存在を知らせないと、お客様にとって機会損失になってしまいます。」と伝えていました。スタッフみんなが真摯に受け止めて、アプリのダウンロード促進に協力してもらえたのかなと。

そしてなにより、お客様が待ち望んでいたからこそ、これだけダウンロード数が伸びたと感じています。
特に、ポイント連携機能が一番喜んでいただけましたね。当社のお客様は、ポイントを気にされる方が多いんです。貯めるのを趣味にしてくださっている方もいらっしゃいます。今までは、購入後のレシートでしか確認できなかった保有ポイントが、アプリでいつでも確認できるようになってすごく嬉しいというお声をたくさんいただきました。

また、ポイントカードを持ち歩く必要がなくなった点も好評です。以前はポイントカードを忘れるとポイントが加算できなかったため、ちょっとした不便が解消されたんです。最近は電子決済を利用される方も増えており、「スマホ1つで買い物できてポイントも貯められるようになった」と喜んでいただいています。

今後の展開

買い物だけではなく、
毎日の楽しみとしてアプリを
開いてもらいたい

売上や店舗送客への貢献については、今後取り組んでいきたいですね。
特定の商品で使えるクーポンをアプリで配信したことにより、対象商品の売上が最大1.5倍に増加したのですが、全体売上への影響はまだまだ大きくはありません。ただ、アプリのクーポンを活用すれば売上が増えることはわかったので、どんどん施策を実施していきたいです。また、主要な集客手段であるDMをアプリに完全移行したいと考えています。

将来的には、買い物に便利なアプリというより、お客様の生活に溶け込んだ存在になりたいですね。来店時だけでなく、思わず毎日開きたくなるような。
釣りのような趣味の領域の小売では、情報発信が大事なんです。今どこで何が釣れるかなど、趣味を充実させるための情報を欲している方は多くいらっしゃいますので、1日1回起動したくなるようなアプリを目指しています。お客様の釣り人生を豊かにするために、できることはどんどんチャレンジしていきたいですね。

1974年に釣りエサ専門の小売店「エサ一番」をオープン。2店舗目以降は釣り用品全般を取り扱う。大阪を中心に神戸、京都に拡大し、現在は9店舗を展開。2019年からは店舗検索機能やポイントシステム、店舗クーポンの配信機能を実装したアプリをスタートし、O2O施策にも積極的に取り組む。イチバン・エイトグループはフィッシングエイト株式会社、株式会社エサ一番、株式会社エイト玉津の3社の総称であり、関西をエリア分けして各社がつり具店を展開している。

実際に制作されたアプリはこちら
App Store
Google Play
QRコード
page_top