アプリビジネス最新レポート Vol.19

アプリビジネス最新レポート Vol.19【導入事例(オウンドメディア)-AJINOMOTO様】アプリだから実現できるロイヤルカスタマーへの「おもてなし」

事例紹介をダウンロード
  • メディア

ウェブを新規、
アプリをリピーター向けの接点に

アプリを導入したきっかけ

新規獲得はWebサイト、
リピートユーザーはアプリ
ニーズの異なるユーザーへ
チャネルを分けてアプローチ

「アミノバイタル」の情報発信には、2つの大きな目的があります。1つ目は、まだ商品をご存知でない方やライトユーザーに向けて製品情報をお伝えし、興味喚起すること。もう1つは、すでにご利用いただいているお客様に対して製品のより効果的な使い方を伝え、信頼度を高めることです。この2つの目的をWebサイトで実現することは難しいと常日頃から感じていたため、Webサイトでは新規の方向けに特化した見せ方、アプリではリピートユーザーの方に何度も見てもらえるコンテンツを作ろうと決めました。

アプリの利点は、ウェブサイトと同じコンテンツを使用しても、レイアウトの工夫次第でまったく違うものに見せられるところです。これは、ブランディングと制作コストの両面から非常に魅力的でした。

もう1点、アプリの導入を後押ししたのは個人情報の取り扱いです。様々なリスクを考慮した時、大規模に施策を実施する際にはなるべく個人情報を扱いたくなかったというのが本音でした。アプリはその点でも我々のニーズに合致していたため、社内手続きもスムーズに進めることができました。

なぜYappliか?

料金面では目を疑うほどの驚き
ブランディングの観点からも優位性

何より、料金面で他社様と大幅に差がありました。Yappliを知る前、開発会社にゼロから開発した場合の見積もりをお願いしたことがあったのですが、比較すると本当に桁が違う金額で、文字通り目を疑うほど驚きました。我々のように一度検討したことがある企業であれば、この感覚はご理解いただけるのではないかと思います。これまでの事例、他社様のアプリも見させていただき、品質面でも十分安心できるものだと判断しましたので、即決で導入を決めました。

もちろん、料金面以外にも優位性がありました。我々は「アミノバイタル」のブランディング戦略として、すべての媒体でブランドのトーンを統一したいという意図があるのですが、Yappliであれば、サイトで利用しているカラートーンやテキストがそのまま表現できるためブランドイメージを損なわないアプリができました。

AJINOMOTO イメージ

アプリを導入してどうか?

殺到した社内からの問い合わせ
リピートユーザーの創出という大きな価値

まず、社内からの反応が非常に大きかったです。当部署は会社全体から見れば小さな事業部なのですが、そこが社内で最初にアプリを作ってしまった。「どうやったの?」「いくらかかったの?」という各部署からの問い合わせがひっきりなしにやって来ました。やはり、アプリ開発は高額なものだという認識が浸透しているのだと思います。当社は他にも多くのコンテンツを抱えていますので、ぜひやるべきだと他部署にも勧めています。 お客様の反応を見ても、他の施策と比較してかなり良いものだと判断しています。何より、継続率の高さに満足しています。サイト運用などにおいて、広告を出稿して一時的にアクセスを集めたとしても一過性で終わってしまうことが多い中、リピートユーザーの創出は非常に価値の高いものです。ダウンロード数、リピート率、すべての数値で本当に満足のいく結果が出ています。

トップクラスの選手のサポートがメインの業務なのですが、ここだけの話、トップアスリートや誰もが知るサッカー選手のスマートフォンにもこのアプリが入っています。

今後の展開

継続利用で、商品の魅力を理解してもらいたい
真摯にスポーツと向き合う人を応援するアプリ

「アミノバイタル」の目的はただ買ってもらうことではなく、理解したうえで使い続けてもらうことです。アプリ内でも、商品訴求よりもトレーニングのコンテンツを目立たせていますが、これは本気でトレーニングを積みたい人、真摯にスポーツに取り組む人たちを応援するためです。今後もそのような方たちのサポートができればと考えていますし、「アミノバイタル」をより深く理解していただきたいと思います。

おかげさまで、いくつかの企業様とアプリを活用した提携のお話もいただいております。キャンペーンやクーポン配信など具体的な施策内容は未定ですが、スポーツを愛する方々にとってプラスになるのであれば、前向きに検討したいと考えています。

Yappliだけの3つの特長

  • サイトとは異なるターゲットへの発信

    ライトユーザーはウェブサイト、ヘビーユーザーはアプリという切り分けで、訴求するチャネルを増やすことに成功しました。

  • 一過性ではない、リピート顧客の創出

    広告を大量に出稿しても一過性で終わることが課題でしたが、アプリによってリピートユーザーを獲得できました。

  • 料金面で圧倒的な優位性

    初めてお見積もりを拝見した時は目を疑いました。桁違いの金額に導入を即決しました。

  • AJINOMOTO ロゴ

    「うま味」の発見を創業の礎とし、アミノ酸の研究・開発において世界的なリーダーシップを発揮する、味の素株式会社。今では、世界各地でその土地柄や文化に根ざしたビジネスを展開している。「味の素グループ行動規範」では、社員一人ひとりが実践すべき行動のあり方、ステークホルダーに対して誠実に遵守すべき項目などが規定されており、「味の素グループミッション」の実現のため、日々たゆまぬ努力を続けている企業でもある。

    今回アプリを導入した同社製品「アミノバイタル」は、本格的なスポーツサプリメントとして、文部科学省および筑波大学と共同で立ち上げられたプロジェクトであり、各種スポーツ日本代表のバックアップ、ひいては日本スポーツ界全体を底上げしていくことを最終目標としている。

アミノバイタル App Download

  • 味の素 スクリーンショット1
  • 味の素 スクリーンショット2
  • 味の素 スクリーンショット3
  • 味の素 スクリーンショット4
App Store Google Play
味の素株式会社 アミノサイエンス事業本部 スポーツニュートリション部 マーケティング・開発企画グループ マネージャー 工藤 剛氏

味の素株式会社

アミノサイエンス事業本部 スポーツニュートリション部
マーケティング・開発企画グループ マネージャー
工藤 剛氏

事例紹介をダウンロード