アプリ開発を外注するならどこまで依頼するのかが重要

希望のアプリ開発を外注する場合、重要なのは開発の部分だけではない。その後のプロモーションなどもアプリを宣伝するためには重要であるため、可能であれば外注にお願いしておきたいところ。アプリ開発の範囲をどこまで外注するのか、事前に確認を取っておき、外注側と認識を共有しておくことで、依頼に必要な範囲が理解できるだろう。

今回は、そんなアプリ開発を依頼する場合、外注に頼む範囲について解説を行っていくので、依頼したいすることを考慮している人は参考にして欲しい。

アプリ開発だけを外注する場合

まずアプリ開発だけを外注する場合に、どのようなことを外注先に依頼するのが正しいのだろうか。

アプリ開発後のフォローはなしで、開発の部分だけを外注に依頼する場合の流れを解説するので、外注依頼をかける前に整理しておこう

(1)アプリ企画

どのような内容のアプリ開発を外注依頼するのか、まずは打ち合わせを行うことが重要になる。

想定しているターゲットや希望している機能について、ダウンロード見込みなど、具体的なことを外注先と照らし合わせて、話し合いを進めていこう。

外注先とのアプリ企画を綿密に行うことで、お互いの認識の違いを埋めることが可能になるので、何度も繰り返し行うことが大切になる。

(2)設計

アプリ企画が完了すれば、次に具体的な仕様書を外注先に提出してもらい、内容を確認する工程が必要になる。

工数や予算など、設計の段階で話し合うことで今後の方針が決まるため、変更して欲しい点があれば、早めに連絡することがアプリ開発を円滑に進めることに繋がるだろう。

(3)デザイン

全体フローや個別画面などを決めていき、他にもボタンのデザインを希望に沿って外注先がデザインしていくので、話し合いの段階でどんなデザインが要望を伝えておくことが重要になる。

(4)サーバ構築

アプリ開発の内容によっては、サーバ構築や運営を依頼する必要がある。ゲームアプリのスコア管理などが該当するため、どんな内容かによってはサーバ構築を外注依頼する必要があるだろう。

(5)プログラミング

設計の内容に沿ってプログラミングを依頼。対象となるデバイスごとに作業が異なるため、外注するためのメンバーなど、人数が増減することが考えられる。

アプリ開発後のフォローも外注する場合

アプリ開発を外注し、完成しただけでは、アプリが世に知れ渡るわけではない。その後にフォローをしっかり行うことで、アプリが浸透していくことに繋がるため、フォローを外注依頼してもらうことも重要だ。

(1)ストア登録

アプリ開発が完了しただけでは意味がない。次にAppStoreGooglePlayに登録を行う手続きが必要になる。

英語の読み込みなど面倒な部分があるため、アプリ開発後にそのまま外注先に依頼するケースが多い。

(2)プロモーション

アプリの内容によって、バナー広告、ウォール型広告、アイコン広告、全画面広告などの広告を選択する必要がある。

最適な広告が判断できない場合は、どのアドネットワークが最適なのか、外注に依頼して判断してもらうことも重要。

外注がどこまで対応してくれるのか事前に確認しておく

アプリ開発だけでなく、フォローも外注で行うことができる解説したが、全ての外注先が今回紹介した内容を請け負ってもらえる訳ではない。

場合によっては、アプリ開発しか受け付けないケースもある。

しかし、Yappliであれば希望のアプリ開発を行うのはもちろん、開発後のフォローも行っているので、安心して依頼を任せることができるのが特徴だ。



アプリ開発・アプリ制作 関連記事