アプリ制作に必要な費用はいくら?コストを削減する方法も紹介

アプリを開発したいけれど、いくらくらいかかるのだろう? この記事では、そんな疑問にお答えするために、アプリ開発にかかる費用の見積もり方法や相場について紹介します。そして、実際にプロジェクトを立ち上げる際のポイント、開発コストを削減するアシストツールに関しても解説していきます。

 

アプリ開発の費用算出方法

アプリを制作すると一概に言っても、かかるコストは依頼内容や依頼先などによって大きく左右されます。ここでは、計算方法や一般的なコストの内訳を紹介します。

人件費と開発期間で決まる

アプリ開発にかかる費用は、エンジニアの人件費に開発期間を乗算して算出することが一般的です。開発期間はアプリに求められる機能や具体的な開発要件によって異なります。

外部の制作会社へ依頼する際の参考として、システムエンジニア1人の月額単価を押さえておきましょう。金額は技術力に応じて高くなります。初級SEで60~100万円、中級SEが80~120万円、上級SEが120万円~160万円ぐらいが相場とされます。そして、プログラマーは1人当たり50~100万円が相場とされます。

その他、新たにハードウェアを用意するかどうか、デザインやプログラムを自社開発するか、外注するかなどによっても必要な制作費は変わってきます。

外部のアプリ制作会社へ、一から開発依頼することをスクラッチ開発と言いますが、基本的に自社開発よりも平均的なコストは高くなります。他のアプリと連携するような複雑なアプリの場合、初期費用が1,500~2,000万円以上かかることもあります。先述したように外部エンジニアは月単価が高く、スクラッチ開発では制作期間が長期化しやすいので、開発コストが高騰する傾向があります。

開発コストを低くおさえたい場合、クラウド型の開発プラットフォームを導入してアプリを自社開発する方法もあります。外部委託に比べて1か月にかかるコストは低く、複雑な仕様のアプリでも400万円ほどで制作可能です。

そして、アプリが完成した後のバグ修正、機能追加、サーバー保守といったランニングコストに関しても企画段階である程度考えておく必要があります。

アプリ制作費用のシミュレーション方法

スクラッチ開発でアプリ制作を進める場合、アプリに実装する機能や開発要件を相手企業のエンジニアが過去に実施してきた業務と比較して、必要な人手や作業日数を概算します。そして、開発に携わる人物の稼働コストを一日単位に換算して、作業日数分だけ乗算すれば開発コストの見積もりが完了します。

必要な期間や人員の見通しはエンジニア個人の経験則に沿って実施されるので、同じ案件でも会社ごとに見積額は変わるケースが多くみられます。

クラウド型の開発プラットフォームを用いて自社開発する場合、システム契約料と開発に携わる社員の稼働コストを合算して、作業日数分だけ乗算すれば開発コストを見積もることができます。

近年では、アプリ制作費用をWeb上でシミュレートできるサイトも出てきています。対応するプラットフォーム、データベース利用の有無など開発条件を細かく指定できるので、お手軽に参考価格を知りたい時におすすめのサービスです。

例:「アプリ開発費見積もりシミュレーター」 

URL https://www.creativevillage.ne.jp/mitsumori/

 

アプリ制作での費用相場

ここでは、アプリのジャンルや機能別などの観点から、開発費の大まかな相場を紹介していきます。

アプリジャンル別制作費

主なアプリジャンル別に、制作費の概算を紹介します。参考として、企画・開発を全面的に外部委託する「フルスクラッチ」で制作した場合と、開発支援システムである「クラウド型」開発プラットフォームを活用して自社開発で制作した場合のコストケースもそれぞれご紹介します。

フルスクラッチで委託した時のコストケース(iOS/Android対応)

  • メディア系アプリ 250万円~
  • 店舗系アプリ 600万円~
  • 金融系アプリ 1,000万円~
  • ECアプリ(データペース連携あり) 1,500万円~

※ヤプリ調べ

クラウド型開発プラットフォームを使用した時のコストケース(iOS/Android対応)

  • データベース連携なし 200万円~
  • データベース連携あり 400万円~

※ヤプリ調べ

フルスクラッチは開発期間が長期化しやすく、月単価が高い外部エンジニアへ委託すると初期開発費が2,000万円を越えるケースもあります。

一方で、今回紹介している開発プラットフォームのコストケースは月額利用料と初期開発費を合算した値を掲載しています。クラウド型開発プラットフォームは自社開発でアプリを制作できるシステムであり、フルスクラッチに比べて人件費と開発期間を大幅に圧縮することができます。

アプリ機能別制作費

アプリの機能によっても、かかる制作費が異なります。MLSDevの調査データを引用し、よく使われる機能別にご紹介します。

  • シンプルなカメラ、時計、電卓など 150万円
  • ログイン機能、SMS連携 300万円
  • SNS機能の付加 220万円~1,150万円

SNS機能を付加させるには、大量のデータ処理に加え、リアルタイムのオンラインチャットやシェア機能を実装する必要があるので、制作コストが高額化します。

  • オンデマンドサービス用のアプリ(Uber、UberEatsなど) 500万円~600万円

オンデマンドサービスを提供するためのアプリでは、認証機能やオンラインチャット、オンラインショッピング機能など様々なシステムを組み込む必要があるので開発期間が長期化しやすく、これよりも開発コストが高騰する可能性があります。

運用コスト

ほとんどのアプリは、初期の開発費とは別に保守・運用コストが必要です。保守・運用とは、一度リリースしたアプリに新機能を追加したり、バグを修正したりするアップデート作業のことを意味します。

保守・運用コストは最初の見積もりに含まれていることが多いですが、もし保守・運用コストを記載しない会社にあたった場合は注意が必要です。

バグや修正が多発した場合、予想見積もりとは別に数百万円かかることもあり得ます。特にスマートフォン向けアプリの場合、端末OSがアップデートされた際にアプリの更新作業が必要になると多額のコストが掛かります。

リリース後のランニングコストに関しては依頼者が忘れやすい所であり、アプリ関連の専門知識がないと見積もりを行うことも難しいといえます。

無料eBookプレゼント中! 「アプリ導入にかかる本当の費用」 アプリ開発にはいくらかかる?スクラッチ開発をクラウド開発を徹底比較しました。

 

アプリ制作費用の概算例

ここでは、実在するアプリ開発会社が手がけた制作事例、開発費を紹介します。

6etアプリ株式会社

6etアプリ(ロケットアプリ)は、スマートフォン・タブレット向けのアプリ開発・企画を主に実施する企業です。2014年に設立された新しい会社ですが、ユーザーのニーズに応えられるアプリ開発を目指しているとされます。

公式サイトより、6etアプリが携わった開発案件を数点紹介します。まず、テレビ番組の公式アプリで、Android向け3Dアプリの企画策定、バランス調整を216万円で実施したとされています。

2件目は、iOS向けユーティリティアプリのクライアント部分の開発案件です。開発を担当したのはクライアントが使用する部分であり、開発費は172万8000円です。作業量は若干多く、QRコードの読み取りやバーコード生成を含む開発を実施したようです。

URL:http://6et-app.com/

株式会社タイロス

株式会社タイロスは、Web関連をはじめとして幅広い開発実績を持つ制作会社です。近年はスマートフォン・タブレット向けアプリに、特に注力しているとされています。

株式会社タイロスが手がけた案件を数件紹介します。まずは、iPadおよびAndroid端末向けの受付システムを構築した案件です。端末に手書き入力したデータをサーバー上に保存するシステムであり、初期費用は400万円、サーバーの保守・運用費に月額1,000円となっています。

2件目は、小規模店舗用のオーダー受付システムの開発案件です。会計までをスマホ上で完了することでPOSレジを用いない体制を構築しています。企画、製造開発、ハードウェア導入までを併せた初期費用は520万円であり、店舗スタッフ用のシステム運用アプリに月額1,100円とされています。

URL:https://www.kktiros.co.jp/index.html

 

アプリ制作費用を抑えるためには?

アプリの制作コストを抑えるには、開発形式の選び方や仕様書の作り方などを工夫する必要があります。ここでは、依頼者が自発的に検討、実施できるコストカットの方法を紹介します。

アプリ制作ツール

近年では、テンプレートからアプリに実装する機能を選ぶだけで、低コストで簡単にアプリが製作できるアシストツールの利用が増えてきています。

ポイントカードのオンライン化やホームページのアプリ化など、企画・開発にかかるコストが少ないものを制作する場合にアプリ制作ツールが効果を発揮します。プログラミングを専門としない企業でも、手軽に自社開発を行えることが制作ツールの強みと言えます。実際に、小売業や飲食業をメインとして自社アプリで売上を伸ばした事例は多く存在します。

ただし、アプリ制作ツールは複雑なコンテンツを制作するのには不向きです。そして、開発にテンプレートを使うので、他社との差別化も難しいというデメリットがあります。

設計・機能の見直し

アプリの開発コストが高くなる要因として、要件や必要な機能を具体化できていないことがあります。依頼内容が抽象的だと依頼先のエンジニアが見積もりを行いづらく、正確な開発コストを算出するのは困難です。特に企画・設計を外注している場合、開発期間に比例してコストも高額化してしまいます。

開発コストを最適化するには、アプリの使用目的や画面ごとの機能、サイトマップなどを具体的に記した依頼書をクライアントが用意することが求められます。完成後のイメージを明確に示すことでエンジニアは作業期間の見通しが付けやすくなり、実装するべき機能を正しく把握できます。結果として余分な開発コスト削減、および開発期間短縮という二つのメリットをクライアントは得ることができます。

どうしても専門的な依頼書作りが難しい場合、自社が作りたいアプリに類似した既存のアプリを探して提案することも可能です。制作会社側に大体のイメージが伝わりやすく、制作期間を短縮しやすくなります。

レベニューシェアを検討する

レベニューシェアとは、依頼者と制作会社がアプリ開発・運営費用を分担して、成果物による収益も各々分け合うという方法です。近年のWeb関連業界では汎用的な手法になりつつあります。

従来の依頼形式では、アプリ開発に掛かるコストは依頼者の負担になり、支払う金額は事前の見積もりによって決定します。レベニューシェアでは依頼者と制作会社で収益の配分率を事前に取り決め、アプリをリリースした後に獲得した収益を各々が獲得する仕組みとなっています。

制作費用を2社で分担するので、通常の開発よりも大規模なプロジェクトを実施しやすい事が特徴です。もし売上が伸び悩んだ場合でも、赤字の幅を抑えられる事も良い点です。

しかし、依頼者と制作会社が適切に連携を取れないと収益を上げることは難しく、従来の報酬制度よりも実施するハードルが高い方法であることは把握しておきたいポイントです。

個人に依頼する

個人(フリーランス)にアプリ開発を依頼する場合、制作会社に依頼するよりも安く発注できる場合があります。実際の制作費用はエンジニアの技量に左右されますが、フリーランスで実績を積んでいるエンジニアは少なからず存在します。個人エンジニアは自分の制作物やプロフィールをWebサイトに掲載していることが多いので、制作物から技量や得意分野を判断できる場合があります。

一方でアプリ開発の経験を殆ど持たない個人エンジニアもいるので、依頼先は慎重に決めることと、基本的にはアプリ製作会社への依頼をおすすめします。

 

オールインワンアプリCMSという選択肢も

「CMS」とはコンテンツマネジメントシステムの略であり、WebサイトやアプリなどをクライアントのPC上で制作できるようにするシステムをCMSと呼称します。スマートフォン向けアプリのCMSは近年増えていますが、ここでは「Yappli(ヤプリ)」を紹介します。

多彩なデザインやプラグインを備えており、プログラミング知識がない人でもフォトフレーム機能やSMS連携など豊富な機能を持ったアプリをスピード開発できます。さらに、iOSとAndroidのクロスプラットフォームなので、両OSにアプリを同時供給できることなどがYappliの第一の特徴といえます。

ネイティブアプリを組み合わせることでスピード開発を実現し、納期の遅れによる機会ロスを防止するとともに、余分な工数を削減して開発コストを最適化できます。リリース後の修正・更新に関しても、シンプルな管理画面からクライアント自ら実施できます。

Yappliはクラウド型CMSであり、どういった業種の方でも、導入直後からすぐに実用可能なアプリを制作できることが強みです。

\ヤプリについてもっと知りたい方はコチラ/