Webアプリとネイティブアプリの違いとは

現在スマートフォン向けアプリには、「ネイティブアプリ」「Webアプリ」という2種類があるのをご存知だろうか?

大まかに言えばAppleやGoogleのストアからアプリをダウンロードし、端末へインストールするのが「ネイティブアプリ」。一方ダウンロードは不要で、Webブラウザ上で動くアプリを「Webアプリ」と呼ぶ。

これからアプリを立ち上げる方は、どちらのアプリを開発すべきか悩むかもしれない。検討するためには、まずネイティブアプリとWebアプリそれぞれのメリット・デメリットを知っておきたい。

ネイティブアプリのメリット・デメリット

 現在スマートフォン向けアプリと言えば、ネイティブアプリのことを指すケースがほとんどだろう。ネイティブアプリはApp storeやGoogle Play経由でアプリを配布し、ユーザーにダウンロードしてもらう。

端末へインストールするため、ゲームなどのアプリはオフラインでも動き、また動作も速いのが特徴だ。(※アプリによってはオフラインで利用できない機能もある)また、デバイス自体が持つ機能を利用し、プッシュ通知や位置情報を使った機能などを簡単に搭載できるのもネイティブアプリのメリットだろう。

ただしデメリットもある。ネイティブアプリをゼロから独自開発(スクラッチ開発)すると、どうしても開発コストや期間がかかってしまう。またストア経由でユーザーにダウンロードしてもらう必要があるため、利用を始めるには若干ハードルがあるとも言える。また課金アプリの場合、ストア側へ支払う手数料が発生する。

Webアプリのメリット・デメリット

 Webアプリは一見すると、ボタンやレイアウトなどがほぼネイティブアプリと同じというものも多い。ただ見た目は同じでもWebアプリはブラウザ上で動くのが大きな違い。そのためストア経由でダウンロードする必要はなく、ユーザーはブラウザでサイトにアクセスするだけで利用できる。また、課金アプリではストアを通す必要がないため、ストアへ手数料を支払う必要がないというメリットもある。

Webブラウザ上でもアプリとして機能を載せられるのは、Webアプリが基本的にHTML5で開発されているため。HTML5ではスマートフォンの機能と連動した動きも実装できる。とはいえ現在のHTML5では、端末のOSやブラウザによって利用できない機能も多い(※)。

そのため、ネイティブアプリほど多くの機能を持つWebアプリはまだ少ないのが現状だ。例えばネイティブアプリでよく使われるプッシュ機能。Webアプリ(HTML5)にもWebプッシュ機能(Notifications API )はあるが、これは現状iOSで利用できないという問題がある。
※参考:http://mobilehtml5.org/

ネイティブアプリと比べるて機能が限られる点は、Webアプリの大きなデメリットと言える。そのため、WebアプリはニュースサイトやレシピサイトがWebコンテンツをアプリとして見せたいときに使われるケースが主流だ。

ネイティブアプリとWebアプリ、今後どっちを開発すればいい?

 アプリの目的によって違いはあるが、プッシュ機能などいわゆるアプリとしての機能を求めるなら、現在ではネイティブアプリ開発に軍配が上がる。

なお開発コストや期間がかかるというネイティブアプリのデメリットについては、ゼロから外部へ開発を委託する場合に起こりがちだ。そこでアプリ開発ツールを導入するという開発手法も検討したいところ。OSごとにかかる開発コストをおさえたり、テスト期間を短縮したりできる可能性も高い。

また、ネイティブアプリはストア経由でダウンロードしてもらうプロセスが必要だが、一方でダウンロードというハードルによって、ロイヤリティの高いユーザーに使ってもらえるという考え方もある。Webサイトは広く浅くリーチするチャネル、アプリはロイヤリティの高いユーザー向けチャネルというように、使い分けている企業も出てきている。

アプリ開発・アプリ制作 関連記事