休眠ユーザーを呼び戻す!アプリのリテンション率を上げる施策とは

アプリ運営で気になるのが、休眠ユーザー数。ユーザーの新規獲得とともに、利用者を維持できるかどうかも重要課題と感じるアプリ担当者も多いのではないだろうか。

ユーザーを維持できているかは、「リテンション率」で見るのが一般的だ。リテンション率はアプリマーケティングの場合「アプリを使い続けている人がどれくらいいるのか」という指標。アプリはどうしてもリテンション率が低くなる傾向があり、リテンション率をKPIにして重点的に対策しているところもある。

リテンション率を見るには、Google Analyticsのコホート分析を使うことが多い。初回訪問日ごとにセグメントすることで、リテンション率をチェックできる。まずはアプリのアクセス解析データをチェックできる環境を整え、リテンション状況を把握しよう。

なぜアプリではリテンション率が低くなりがちなのか?

アプリの種類にもよるが、他のアプリに移行しやすいというのが大きな理由だろう。多くのジャンルで競合アプリは増えており、後発アプリの方が高機能だったり特典を設けていたりすることも多い。

またマクロミル社が20183月に行った調査によると、一人当たり平均で23個のアプリをインストールしている。(※1)これだけのアプリを併用していれば、使わなくなるアプリも増えるだろう。実際「約70%近くのユーザーがインストール後数日で使わなくなる」というデータもある。(※2

1 参考情報:https://webtan.impress.co.jp/n/2018/04/03/28867
2 詳細は別記事:アプリのアクティブ率アップに必要なのは、コンテンツとユーザビリティ にて紹介。

アプリのクオリティ(コンテンツやユーザビリティ)もリテンション率に影響がある。ただし休眠しているユーザーを掘り起こすには、アプリの質を上げるとともに積極的なプロモーションも欠かせない。そこで、アプリのリテンション率アップのための施策を2つ紹介しよう。

アプリのリテンション率を上げる施策

1)プッシュ通知を工夫する

アプリ利用促進と言えば、まずプッシュ通知を思い浮かべる人も多いだろう。ただし単なるプッシュ通知ではなく、「ひと工夫」加えるのがポイントだ。Yappliの統計データによれば、「プッシュ通知を休みなく配信しているアプリの方が1年後のリテンション率が高い」という結果が出ている。(※3

つまりプッシュ通知の内容とともに、配信時期や頻度もリテンション率に影響する。ただしこれは、現在使っているユーザーを休眠させないための対応策。すでに休眠してしまったユーザーには、休眠ユーザーのみに通知するなどセグメントプッシュも考えたい。

3 参考情報:統計データからみる、EC売上を高めるプッシュ通知の使い方

2)アプリ以外の媒体を活用する

プッシュ通知は、ユーザーがプッシュ通知を許諾している必要がある。また長期間休眠しているユーザーの場合、アプリの存在自体を忘れていることも…。そのためアプリとは別のルートから、再度アプローチする方法を考えたい。

外部広告を使って、休眠ユーザーにリーチを試みるという方法もある。例えば最近ゲーム系アプリで使われているのが、リテンション広告。外部アドネットワークで広告配信する際に、休眠ユーザーにセグメントするというものだ。ただしセグメント配信するためには、休眠ユーザーどうか判別するため、アプリ側で事前に効果測定ツールの導入が必要。もちろん広告出稿費用も、予算をおさえておかなければならない。

リテンション広告が難しい場合は、まず自社で取り組めるメールやDM、会報誌といったPR方法も検討したい。会員組織がある場合は、会員向けにアプリの新機能やアプリ限定特典をアピールしよう。休眠ユーザーのみにクーポンを配布するケースもあるが、あまり休眠ユーザーばかりに特典を付けるのは要注意。現在のユーザーから反感を買うことも。

また自社の別アプリを使ってプロモーションするという方法もある。2つのアプリを同時に利用すると特典がもらえる、というキャンペーンも想定できる。リテンション広告が厳しい場合は、現在あるチャネルを有効活用する方法を検討したい。