アプリとブラウザの違いは?アプリ作成にオススメのサービスも紹介!

アプリの作成を検討している人の中には、アプリとブラウザの違いを説明できない人もいるのではないでしょうか。事業へ導入するのであれば、この2つの違いを理解しておく必要があります。どちらを選ぶかは事業目的によって異なってきます。今回の記事を読むと、アプリとブラウザの違いはもちろん、それぞれの特徴・メリットも理解することができるでしょう。

アプリとブラウザの違い

アプリの作成を検討している場合、まずは基本的な知識から習得していく必要があります。この段落では、アプリとブラウザ、それぞれの特徴について解説します。アプリ作成をするにあたっては、両者の違いをしっかりと理解しておくことが大切です

アプリの特徴

アプリとはアプリケーションの略で、スマートフォンやタブレットなどの端末上で動作するソフトウェアを指します。さまざまなアプリを活用することで、勉強や趣味など、生活上のあらゆる面で利便性が高まります。また、端末ごとのOSによって、アプリをインストールできるサービスが異なります。iOSであれば「App Store」、Androidなら「Google Play」などのサービスを介して、自身の端末にアプリをインストールします。アプリは1度インストールすればオフラインでも利用できるのが特徴です。

また、端末のホーム画面からアクセスできるため、利用したいときはすぐにアプリを起動できます。ただし、アプリのバージョンアップがあった場合や、新しいデータをダウンロードしなければならないときは、オンラインで操作しなければなりません。他にも、バッジ機能やプッシュ機能など、アプリならではの機能が充実していることも特徴です。

ブラウザの特徴

ブラウザとは、スマートフォンやパソコンなどからインターネットを利用するために必要なソフトウェアです。具体的には、「インターネットエクスプローラー」や「Google Chrome」、「Safari」などがこれにあたります。これらのブラウザを使ってインターネットを利用する際は、設けられている検索窓にキーワードやURLを入力して調べたい情報を検索し、サイトへアクセスします。ブラウザを使って検索できるのは、インターネット上に作成されたサイトがメインです。しかし、サイトはアプリよりも作成の難易度が低くなっているので、気軽に作成し導入できます。

サイト作成用のフォーマットを提供している会社や、必要な機能をあらかじめ用意してくれているサービスもあるので、初心者でも作りやすいことが特徴です。難しいプログラミグの知識がない人でも作れるようなフォーマットもあるため、誰でも気軽にサイト作りに挑戦できます。また、アプリの場合は審査に通らなければリリースできません。サイトであれば審査もないので、導入や更新がしやすくなっています。

 

ブラウザにはないアプリのメリット

この段落では、ブラウザにはない、事業でアプリを利用することのメリットを5つ紹介します。

エンゲージメントが高い

エンゲージメントは、約束や契約といった意味があります。SNSが流行し始めた頃、このエンゲージメントはユーザーと運営側がどのくらいの強さでつながっているのかを示す指標として用いられることが多くなりました。アプリの場合は、SNSの普及によってブラウザよりもエンゲージメントが高くなっています。多くのSNSはアプリを起動することで手軽に利用することができます。SNSは、企業とユーザーが簡単にコミュニケーションが取れるようになっているので、その結果として、アプリのエンゲージメントが高くなるのです。

また、あるマーケティング調査会社の調べでは、サイトを閲覧するとき、ブラウザを使う人の割合は15%、アプリを使う人の割合は85%となっています。この結果からも、アプリとユーザーの繋がりの強さがわかります。

ホーム画面からアクセスできる

アプリはインストールが完了すると、そのアイコンがホーム画面上に表示されます。ブラウザを経由するサイトへのアクセスとは異なり、スマートフォンを起動してホーム画面を表示させれば、サイトへダイレクトにアクセスできます。そのため、アクセスするまでの時間がブラウザよりもかかりません。ブラウザにも簡単にサイトへアクセスできるよう、ブックマーク機能が搭載されています。しかし、この機能では1度ブラウザを開いてから希望のサイトを選択する必要があるので、ブックマークを利用する場合でもアプリの方がアクセスが早いです。

ホーム画面でブランド想起ができる

サイトへアクセスするためのアイコンをホーム画面に設置できるということは、ブランド想起につながっています。理由は、ホーム画面を開くたびに企業のアイコンを目にする機会が1日に何度もあるからです。マーケティングリサーチ会社のインテージの調査では、1日のスマートフォン利用回数は平均すると48回という結果になっています。これはロック画面からの通知チェックも含まれます。ロックを解除してからスマートフォンを操作する回数は23回です。この数値からユーザーが企業のアイコンを見る回数を計算すると、対象とするアプリを1日に10万人が利用したとして、230万回アイコンがユーザーの目に触れることになります。1日にこれだけの回数、人目に触れることを考えると広告価値の高さに期待できます。

アイコンにバッジを表示できる

バッジ機能は、アプリの更新やお知らせなどがあった際、ユーザーがすぐにわかるようアイコンの右上に数字が表示される機能です。数字は更新された回数が表示されます。数字が表示されていると、ホーム画面からどのアプリが更新されたかが見た目でわかるので、ユーザーのアプリ起動を誘発できます。このバッジ機能は本来、iPhoneアプリでのみ利用できる機能でした。しかし、スマートフォンの普及が進むようになってからは、androidのアプリでも利用できます。そのため、ユーザーの掘り起こし効果が、より期待できるようになりました。

プッシュ通知が利用できる

プッシュ機能とは、アプリの更新・お知らせがあったときにスマートフォンの画面にその旨を知らせるメッセージを表示させる機能です。ただし、この機能が使えるのは、スマートフォンのプッシュ通知を許可しているユーザーのみです。ロック画面の状態でも、表示されたメッセージをタップするとアプリを起動できます。このプッシュ通知もユーザーの掘り起こしにつながっています。また、プッシュ通知が許可される可能性は30~50%とされており、プッシュ通知に対して嫌悪感を抱くユーザーは少ない傾向です。さらに、プッシュ通知を許可しているユーザーのうち、この通知からアプリを起動する可能性は70%に上るという調査結果もあります。

他にも、プッシュ通知が許可されているアプリは、許可されていないものよりもアンインストールされていません。具体的には、10%程高い継続率となっています。

 

アプリと異なるブラウザのメリット

ここからは、事業でブラウザを利用するメリットを3つ紹介します。ここで触れているブラウザの利用とは、サイトを作成しブラウザ経由でアクセスを集めるという意味です。

検索からの流入が期待できる

ユーザーは何か調べたいことがあったとき、まずはブラウザの検索窓からキーワードを入力して検索を始めます。そして、ユーザーはサイトへアクセスすることで、欲しい情報を手に入れることが可能です。そして、ブラウザを利用して情報を検索すると、関連するサイトが一覧でいくつも表示されます。キーワードの条件とマッチしているものは全て表示されるため、欲している情報以外のサイトもユーザーの目に触れることになります。もし、表示されたサイトの中に少しでも興味のある情報があればアクセスされる可能性があるため、検索による流入に期待できるというのがブラウザのメリットです。

また、ブラウザを利用した検索では、関連するキーワードも同時に表示されます。欲しい情報や興味のあるサイトが見つからなかった場合でも、この関連するキーワードから再度検索をかける可能性があります。つまり、情報が見つかるまで何度も検索をかける可能性があるというのは、より自社のサイトへの流入期待度も高まるということです。

常に最新版の情報を表示できる

サイトは事業者が内容を更新してサーバーにアップロードするだけで、常に最新の情報を表示させることができます。ユーザーがアクセスした際には、最新の情報から表示させることも可能です。さらに、ユーザーの持っている端末へアップデートしたデータをダウンロードさせる必要もないので、余計な負荷をかけることもありません。また、アプリの場合、サーバーと連携していないとアプリストアへ更新する情報を申請する必要がありますが、ブラウザはこのような手間も必要なく最新の情報を表示させられるというのが大きなメリットです。

他にも、アプリでは最新情報を更新するためアプリストアの申請に通過すると、端末にアップロードのお知らせが届きます。このお知らせ自体がユーザーにとって面倒と感じてしまう要素となるケースもあります。しかし、ブラウザでは通知が届くこともないので、ユーザーに嫌悪感を感じさせることがありません。

アプリと比べ容量を使わない

アプリを使用する際は、インストールや最新のデータをダウンロードするために、数メガ~数十メガバイトの容量が端末に必要です。スマートフォンは端末ごとに容量が限られているため、無制限にアプリやデータをダウンロードすることができません。そのため、利用頻度が少ないアプリは容量を圧迫しているだけになってしまうので、アンインストールされる可能性があります。こうなると、ユーザーは継続的にアクセスしてくれなくなってしまいます。一方のサイトでは、アプリのような大きな容量をスマートフォンに詰め込む必要がありません。企業が用意したサーバー内でデータを更新し続けるだけです。

そのため、ユーザーは気兼ねなく好きなときに、必要な数のサイトを自由に閲覧できます。ユーザーにかける負担を抑えつつ、必要な情報を提供できるのがブラウザを利用する方法です。

 

こんな場合はブラウザ使用ではなくアプリ作成がオススメ

YouTubeやGoogleMapを利用するユーザーは明確な目的を持っています。そのため、利用率や継続率が高い傾向です。逐一検索したり、ブックマークしたサイトの一覧から選ぶ必要があるブラウザの場合、このような手段で毎回アクセスするのは手間がかかってしまいます。しかし、アプリの場合は毎回アクセスするために余計な手間をかけません。利用頻度の高いサービスにはアプリで作成するサービスが適しています。逆に、お店の情報や料理のレシピを探すサービスの場合は、毎回同じサイトを閲覧する可能性は低いです。そのため、これらのサービスでのブラウザ利用率はアプリの2倍近くあります。一時的にアクセスするようなサービスでは、サイトを作って提供する方が適しています。

また、事業で開発するアプリは複数のエンジニアによって作られます。そのため、導入時にかかる人件費や設備費などのコストは避けられません。しかし、導入にかかるコストさえクリアできれば、検索型以外のサービスを提供する際はアプリで提供するサービスは事業として適したものとなります。

 

アプリ作成にオススメのYappli

Yappliはアプリの開発から運用、分析をクラウドを通じてオールインワンで提供している企業です。これまでサービスを提供してきた実績は300社以上あります。提供されているサービスは販売支援や教育支援、社内向けなど用途はさまざまです。さらに、プログラミング不要で、幅広いデザインとスムーズな操作性のアプリを開発できます。また、管理画面は直感的に操作できるよう見やすく作ら、運用がしやすいのも特徴です。プッシュ通知やバッジ機能のほか、スタンプカードやクーポンなどさまざまなサービスに活用できる機能もあります。

他にも、iOS/Androidの両方のOSにおいて、自動アップデートにも無償で対応しています。クラウドを利用してサービスを提供しているので、最新のOSでアプリをすぐに提供することも可能です。さらに、問い合わせ対応やアプリ申請支援など、これまでアプリ開発をしたことのない企業でも安心できるサポートが充実しています。開発したアプリを事業へ効果的に利用するための運用支援があることなども、Yappliの魅力です。また、実際の導入事例としては、本部と現場の情報伝達を円滑にするためのアプリや、ユーザーとのつながりを強化するための情報発信アプリなどがあります。

 

アプリとブラウザの特徴を理解し目的に合わせた選択をしよう!

アプリとブラウザは事業で利用することにおいて、それぞれ異なった特徴やメリットがあります。まずは、特徴とメリットを十分に理解し、目的に合わせて選択することが大事です。Yappliでは、アプリの開発・運用・分析を一挙に担ってくれるプラットフォームが提供されています。これからアプリ開発を検討している場合、まずは資料請求を行ってみてはいかがでしょうか。