アプリのアクティブ率指標「MAU」「WAU」「DAU」の違いと、成果を上げるためのポイントを解説

自社アプリの運用で欠かせない効果測定。アプリのダウンロード数ばかり追っていませんか?「ダウンロードは増えているのに成果が出ない」というときに、次に確認すべき指標として重要になってくるのが、アプリのアクティブユーザー数の割合がわかるアクティブ率です。
本記事では、このアクティブ率を把握する上で、理解が必要なアプリのアクティブ率指標「MAU」「WAU」「DAU」のキーワードの解説と、その違い、採用すべきKPIについて詳しく解説していきます。

【無料ダウンロード】アプリ運用で活用できる機能10選をご紹介

アプリを始めてみたものの、全ての機能を活用しているか、機能が正しく使えているかお迷いの点はありませんか?
アプリの機能の中でもよく使われる機能にフォーカスし、使い方などを解説している無料eBookをプレゼントしていますので、ぜひご覧ください。

スマートフォンアプリで顧客体験はこれだけ変わる!
アプリ機能図鑑

アプリのアクティブ率とは

アプリのアクティブ率とは「ダウンロードしたユーザーの中でアクティブな人の割合」のことです。

アクティブ率を出すには「アクティブユーザー数/ダウンロード数」という計算式が一般的。アクティブ率の減少を把握できれば、新規ダウンロードユーザーに行動させるためのアプリ改修や、休眠ユーザーを掘り起こすためのプッシュ通知などの対策に取り組むことができます。

 

なぜアプリのKPIとしてアクティブ率が重要なのか

課金型アプリ以外は、アプリのダウンロードだけでは売上アップにはつながらないし、ニュース系アプリならコンテンツを定期的に読んでもらい、最終的にユーザーを増やし広告収入を目指す必要があります。また、EC系アプリならセール情報やクーポンによってユーザーとの接点を増やし、ECサイトへ誘導して購入へつなげる必要があります。

つまり、ユーザーがアプリをダウンロードしただけでアプリを「アクティブ」に閲覧してくれなけば、広告を増やして新規ダウンロード数を向上させても、結果として売上アップにもつながらない計算となります。
アプリ運用を成功させるために、アプリのアクティブユーザー数を増やす取り組みはアプリ運用の成功の鍵となるわけです。

 

アクティブユーザー数には「対象期間」が違う3種類がある

アクティブ率を出すときに必要なアクティブユーザー数は、「MAU」「WAU」「DAU」の3種類あります。それぞれについて以下で解説をしていきます。

MAU


「Monthly Active Users」の略で、月間アクティブユーザー数を意味します。お店の会員証機能を持ち合わせたアプリなど、毎日ではなく、月に数回利用する想定のアプリではMAUで考えるケースが多くなります。
例えばアプリ調査会社が行っている「小売アプリランキング」ではMAUを採用しています。
参考資料:https://www.appannie.com/jp/insights/market-data/global-mobile-app-retail-report-2017/

WAU


「Weekly Active Users」の略で、週間アクティブユーザー数を意味します。メディア系アプリなど、日に1回アクセスをすることが想定されるアプリなど、平日と土日を含めた1週間単位のWAUでアクティブ率を見ることが多くなっていきます。
例えば動画配信アプリ「AbemaTV」ではWAUをもとにユーザー数の動向を公表しています。
参考資料:http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1710/27/news039.html

DAU


「Daily Active Users」の略で、1日間のアクティブユーザー数を意味します。ビジネスコミュニケーションを目的としたアプリなど、日に何回もアクセスが想定されるアプリで使われる指標です。
例えば、ビジネスチャットアプリ「Slack」日本語化に関するプレスリリースにおいてDAUが600万人以上というデータを公表しています。
参考資料:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000029764.html

アクティブ率を向上させるためにできる施策とは

アクティブ率を高めるためには、具体的にどのような施策を実行すれば良いのでしょうか。ヒントとなりそうな5つのポイントをご紹介します。

1.ホーム(入口)の定期的な更新

ホームはアプリの顔とも言える場所です。アプリを起動すると、プッシュ通知から立ち上げる以外は、必ずホームを最初に見ることになります。
一目でユーザーの興味を獲得できるように画像や動画を活用し、簡潔で解りやすい情報発信を心がけましょう。

 2.毎日更新するコンテンツの企画

新しいコンテンツはユーザーの関心を引きます。
アプリを訪れたユーザーにとって、常に新しい情報があることがアクティブ率の上昇に繋がります。

毎日は難しい場合でも、ニュースやブログなどは頻繁に更新しましょう。
頻度としては、何ヶ月も前の情報が常に残っていると思われない程度に、新キャンペーンや商品情報などを追加することがポイントです。

RSSを使えば、アプリを更新しなくても自動的に更新されるコンテンツを作ることができます。
ブログやSNSを行っている場合は、ぜひ活用してみましょう。

3.プッシュ通知を配信

プッシュ通知は、アプリを開いていないユーザーのスマホ上に直接働きかけることができます。定期的に配信していきましょう。

一方で、プッシュ通知の配信のしすぎはアンインストールの原因にもなりますので、連続の配信や夜中の配信などのユーザーの迷惑になる配信は控えましょう。

4.アプリ限定のコンテンツ

アプリ限定のコンテンツを用意することで、ウェブとの差別化を図り、リピーターを増やすことでアクティブ率上昇に繋げることができます。
壁紙の配布やアプリ限定セール・ノベルティプレゼント、プローションコードの配布など、アプリの用途に合わせてユーザーの関心のあるコンテンツを用意できるといいですね。

5.イベントや季節に合わせたコンテンツ

アプリ限定のコンテンツを用意できない場合でも、イベントや季節に合わせてコンテンツを積極的に変えましょう。ホームのバナーを変えたり、デザイン設定で背景を変えるだけでもユーザーの目を引くことができます。

 

アクティブ率向上を目指す施策の計画を

アプリ運用では、特別なコンテンツばかりを用意する必要はありません。
ユーザーが日常的にアプリを利用することを考えて、計画的な運用を行っていきましょう。