ファッション誌に変わるファッションメディアアプリ「TOPLOG」

IMG_2541

スマートフォンの「アプリ」を活用したファッションメディアが誕生した。その名も「TOPLOG(トップログ)」。

2016年3月1日にローンチした新しいファッションメディアは、そのプラットフォームにスマートフォンの「アプリ」を選択した。確かに、このモバイルファーストの時代において、これまでファッションメディアのアプリが国内に存在していなかった方がおかしかったのかも知れない。

ニュースサイトや、キュレーションサイトと呼ばれるメディアとは一線を画し、あくまでもプロによる、エディットされた情報は、まさにファッション誌そのもの。

今回は、TOPLOGを運営する株式会社TOPLOGのマーケティングを担当する永田佑子氏にインタビューを行った。

IMG_2595

toplog_1

ファッションとアプリという組み合わせは、国内でも様々な企業が参入している。例えば、商品写真を組み合わせて自分だけのコーディネートが作れる「iQON(アイコン)」や、ファッションコーディネート写真をアップロードして楽しめる「WEAR(ウェア)」や「コーデスナップ」が代表格だろう。

またファッションメディアの観点でいえば、キュレーションサイトの「MERY(メリー)」、ニュースサイトでいえば「Fashionsnap.com(ファッションスナップドットコム)」が人気だ。

しかしながら、MERYもFashionsnap.comも、「ファッション誌」か?といえば違うだろう。

 

なぜTOPLOGをはじめたのか?

もともと弊社代表の亀山がアパレル業界に長くいて、長期的に出稿できるデジタル媒体が無いという課題があり、それを解決するためにTOPLOGをはじめた。

ファッション媒体なら何でも良いという訳ではなく、きちんとファッション誌を飾っているモデルをキャスティングし、スタイリスト、ヘアメイク、カメラマンという通常のファッション誌と同様の工程でエディットしている媒体がなかった。

 

なぜアプリからはじめたのか?

通常のウェブサイトだと、モデルの肖像権の問題があった。アプリであれば、ユーザーによる容易な拡散などを防げる関係で、まずはアプリからスタートした。年内には、ウェブでの展開も視野に入れつつ運営をしている。

 

ビジネスモデルは?

広告収入モデルで、デジタル広告としてというよりは、ファッション雑誌に近いものとしての広告媒体を目指している。ブランディング、そしてデジタルならではの効果測定が可能だ。ファッション誌同様、有名モデルによるタイアップ広告など、今までのウェブメディアでは実現不可能だった取り組みが可能。

 

ECは?

もちろん可能性はある。しかしただ単純に物を売るということはしないだろう。TOPLOGとしては、まずは良質のコンテンツ、そして読者を集めること、そこをまず第一フェーズとして考えている。しかしその先のECという展開はもちろん意識している。

 

今後の展開として

5月9日より、モデルの梨花を起用したTVCMを開始した。これを機にTOPLOGの認知度を上げ、ダウンロードを促進する。TOPLOGとしては、今までのデジタルメディアとは違う、SEOといったウェブ集客にとらわれない、新しいファッションメディアを構築する予定だ。ファッション誌と同等のプロによるエディットされた良質なコンテンツを配信し、ファッション感度の高い読者にリーチする、今まで日本にないメディアだ。そして、読者はすべて無料でダウンロードでき、コンテンツを閲覧できる。

また今後デジタルのファッション媒体に出稿を考えている企業にとっても、価値のある媒体になるはずだ。

 

toplog_app0516

今回は、スマートフォンアプリからビジネスを開始したファッションメディア「TOPLOG」を特集した。アプリを起動した画面に表示される、特集のクリエイティブは、本当にオシャレなファッション雑誌を見ているようだ。TOPLOG代表の亀山氏がファッション業界出身ということもあり、今までのファッション×ITとは違う展開が期待できる。5月9日から、新しくはじまった「チケットプログラム機能」は、記事を読めば読むほどチケットが付与され、毎週モデル着用のアイテムが当たるというものだ。このようなインタラクティブな取り組みも、TOPLOGならではの魅力ではないだろうか。

ぜひ一度、アプリをダウンロードして、クオリティの高さを感じて頂きたい。新しいファッションメディアの可能性が見られるはずだ。

TOPLOG
https://toplog.co.jp/

iOS:
https://itunes.apple.com/jp/app/toplog/id1026720146?l=ja&ls=1&mt=8

Android:
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.toplog.f1&hl=ja

 

Profile:
永田佑子(ながたゆうこ)
株式会社TOPLOGでマーケティング領域を担当。並行して数社のWEBサービスやアプリ開発会社のマーケティングコンサルタントとして従事。新卒でNTTファシリティーズ、2003年より楽天で楽天市場のギフト部門責任者として楽天ギフトを立ち上げた。2011年より日本ロレアルでデジタルマーケティング部門およびECサイトを立ち上げ、2015年退職。現在フリーランスのマーケティングプロモーターとして活動する。



ニュース 関連記事