ハンドメイドマーケットプレイスの黒船「Etsy」、国内展開の展望に迫る

このYappli Magazineでも、ニュースで何度となく「ハンドメイドマーケット」についてのリリース情報をピックアップしてきた。国内でも近年「ハンドメイド」「DIY」など、すでに出来上がっている既成品を買う購買ではなく、実際に自分で作って楽しむという文化がポピュラーになってきた。

そんな中で、グローバルで見ると「Etsy(エッツィー)」の存在感は一際大きい。

etsy_1

Etsyは、2005年にアメリカで誕生した「ハンドメイド」「ビンテージ」「クラフト資材」の3カテゴリに特化したマーケットプレイス。

既に様々な国でグローバルに展開しており、セラー(商品を販売するユーザー)は160万人、バイヤー(商品を購入するユーザー)は2,400万人、販売中の商品は3,500万点を超えるサービスだ。2015年の流通総額は23億9千万ドルと、日本円にすると約2,600億円となっている。2015年4月にはNASDAQに上場を果たしている。

アプリも活用しており、2015年末で3,180万ダウンロードを記録している。

etsy_photo
Etsy Japan Market Lead 浅岡範子氏

 

今回は、Etsy Japanのマーケットリード浅岡氏に日本国内における展開を聞いてきた。

日本国内の「ハンドメイドマーケット」の盛り上がりをどう見るか

Etsyにとっては追い風だと感じている。元々日本人は手先が器用で伝統工芸品なども数多くある。手芸の文化も非常に根付いているし、「MADE IN JAPAN」という言葉もグローバルになっている。毎年インバウンドの観光客も増えていて、日本の商品をグローバルに販売できるEtsyは活用頂けるサービスになると思う。

 

Etsyの特徴は何か

商品をグローバルに販売出来るのはもちろんだが、「チーム」や「フォーラム」というコミュニティが充実している。「チーム」は「セラー(販売者)」同士のコミュニティで、「フォーラム」はオープンな掲示板で、Etsyで商品を販売するためのディスカッションなどが日々行われている。販売ノウハウをEtsyユーザー同士で共有できるのが特徴的である。

また「セラーハンドブック」という商品を売るためのヒントを得られるようなサービスにも力を入れている。より商品を魅力的に見せたり、マーケティングやリーガルのナレッジを提供している。

アメリカでは、Square (スクエア)のようなクレジットカードリーダーの提供もしている。日本国内での提供は未定だが、これを使えば対面販売した販売データもEtsy上で管理ができる。

 

Etsyの今後の国内展開について

今年1月には「Etsyスタート2016」という4週間のオンライントレーニングプログラムを実施し、ミートアップのリアルイベントなども行っているが、今年はセラーを増やす活動をメインに考えている。先ほどと重複するが、日本には非常に魅力的な作家が多いため、グローバルに販売できるEtsyに商品を出品頂けるような勉強会やワークショップ、イベントを各地で行う予定だ。

「越境EC」「海外発送」と聞くと難しいと思われてしまうが、そのハードルを下げ、機械翻訳による購入者とのコミュニケーションや、海外発送などのノウハウを共有し、参加頂ける作家を増やしていきたい。

今回の取材を通じて改めて、Etsyを活用した越境ECの魅力を感じた。
なかなか独自ドメインのお店で越境するのは難しい。言語の問題もある。
しかし、Etsyというプラットフォームを活用すれば、特に難しいマーケティングを必要とせず、商品の魅力的な写真で勝負できるのではないかと思う。
Etsyの検索ボックスに、日本語で欲しいアイテム名を入力すれば、国は関係なく商品のリストが表示される。

 

etsy_2
Etsyで「iPhone6sケース」を検索した結果

 

購入者側にとっても、世界中の商品を一元で閲覧できて購入できるサービスは非常に魅力的だ。その商品が欲しければ、送料なども問題はあるにせよ、どの国の人が販売しているかどうかは関係ない。これが本当の意味でのグローバルECだろう。

まだまだ国内では展開がはじまったばかりではあるが、出品者にとっても、購入者にとっても非常に魅力的なEtsy、ハンドメイド作品を持っている方はぜひこの機会に出展を検討してみてはいかがだろうか。

 

Etsy
https://www.etsy.com/jp/

iOS
https://itunes.apple.com/jp/app/etsy-handomeido-binteji-kurieitibuna/id477128284?mt=8

Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.etsy.android&hl=ja

 

Profile:
浅岡範子(あさおかのりこ)

1976年、愛知県生まれ。スタンフォード大学経営大学院卒。Amazon JapanでCD・DVD販売部門の事業部長、音楽配信・映像配信サービスの立ち上げを担当、新規事業や日本と世界をつなぐ仕事にやりがいを感じる。2015年、日本の手仕事の素晴らしさやデザインの魅力を世界に届ける手伝いをしたいとの思いからEtsyに入社。



インタビュー 関連記事