アプリ200万DL突破、3年で年商100億円「SHOPLIST.com by CROOZ」とは

クルーズ株式会社が運営するファッション通販サイト「SHOPLIST.com by CROOZ」(ショップリスト)が絶好調だ。ショップリストは、レディースの低単価アパレルを中心とした、いわゆる「プチプラ」をメインにした通販サイトだ。昨年から、道端ジェシカをイメージキャラクターに起用し、CMソングを吉幾三という異色のTVCMを見た方も多いだろう。

shoplist_01

※スマートフォンサイトTOPページ

クルーズと聞けば、どちらかというと「ゲーム会社」のイメージを持つ方も多いかもしれない。実際、「ファイナルファンタジーグランドマスターズ」や「エレメンタルストーリー」などの人気ゲームを提供している。

EC事業としては、ショップリストの前身である「イマコレ」や「クルーズモール」の運営をしていた実績もある。

ブログメディアとしての「クルーズブログ」は、女性向けブログサービスとしては日本最大級で月間700万人のユーザーが利用し、過去にはファッションモデルなどを多数輩出している。

MG_2668

今回、Yappli Magazineは、3月17日に「SHOPLIST.com by CROOZ、人工知能「SENSY」を試験導入」、
「ファッション通販「
SHOPLIST.com by CROOZ」、アプリ200万ダウンロードを突破」という
2つのリリースを同時に発表したクルーズ株式会社に伺い、取締役
SHOPLIST.com事業担当執行役員の張本貴雄氏に話を伺った。

ショップリストは、2012年7月にサービスを開始、レディース中心に、メンズ、キッズと幅広い商品を扱っているファッション通販サイト。サービス開始初年度22億円、2期目68億、3期目で約100億の流通額まで急速に成長している。取り扱いブランド数は312、会員数は約260万人(2016年3月現在)である。

shoplist_02

※先日200万ダウンロードを突破したショップリストのアプリ

3月7日で累計200万ダウンロードをしたショップリストのアプリは、リリースが2015年5月なので約10ヶ月で200万ダウンロードされている。

ショップリストのアクセス比率は90%がスマホとなっており、アプリとの親和性も高いユーザーが中心となっている。とはいえ、会員数が260万に対して、アプリのダウンロードが200万と非常に高いことに注目したい。

今回の取材を通じて、クルーズの会社自体の「モバイルファースト」の意識の高さを感じた。ゲーム、メディア、そしてEC全てに通じてモバイルを中心にサービスを提供している会社としての強みをとても活かしている。そして、ショップリストのアプリに関しても使いやすさ、買い物のしやすさを追求して作られていると感じた。またECサイトの基本的な会員登録のしやすさ、支払い方法の豊富さなど、ユーザーに合わせた運用をしている。

ウェブ/アプリでの流通額の比率は残念ながら非公開であるが、高い比率でアプリから売上を獲得しているという話は聞くことができた。

今後、ショップリストは先日試験導入した「SENSY」(センシー)の人工知能を活用したレコメンデーションをはじめとして、よりユーザー満足度の高い「パーソナルECサイト」を目指して運営するということで、今後の展開から目が離せないECサイトであることは間違いない。

SHOPLIST.com by CROOZ
http://shop-list.com/

iOS
https://itunes.apple.com/jp/app/shoplist-shoppurisuto-fasshon/id977078479?mt=8

Android
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.crooz.shoplistapp&hl=ja

Profile:
張本貴雄(はりもとたかお)

クルーズ株式会社 取締役 SHOPLIST.com事業担当執行役員
2007年新卒入社。2008年「イマコレ」の立ち上げメンバーの1人で、以来クルーズ株式会社のコマース事業に従事。2010年6月に取締役に就任。現在は、新規事業eコマースサイト(SHOPLIST.com byCROOZ)の担当執行役員として立上げからわずか3年で100億円事業まで成長させる。



インタビュー 関連記事