【お知らせ】アプリの可能性を広げる「Yappliデベロッパーサイト」を公開


株式会社ヤプリ(本社:東京都港区、代表取締役:庵原保文)は2018年6月26日(火)、同社が提供するアプリプラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」の外部サービス連携を強化し、より高度なアプリの開発を目指すため「Yappli デベロッパーサイト」を公開いたしました。連携の領域を拡大することで「Yappli(ヤプリ)」の可能性を広げ、ビジネスへの貢献を促進させてまいります。第一弾として、ポイント連携 APIとプッシュAPIを公開いたします。

API活用のイメージ
①ポイント連携API
自社システムとYappliをAPIで連携することで、自社システムにて管理している顧客の情報とアプリ端末を紐付けることが可能です。
例えば…「ポイント照会」「ログイン」「新規会員登録」などの連携ができます。
※システム側でコールバックAPIをご用意いただく必要があります。

②プッシュAPI
Yappliが提供するプッシュAPIを利用することで、自社システムで持つユーザーのステータスに応じたプッシュ通知を配信することが可能です。
例えば…「再入荷のお知らせ」「配送状況のお知らせ」など

■ディベロッパーサイト公開の目的と今後の展望
「Yappli(ヤプリ)」は、プログラミングなしで自社アプリが開発可能なプラットフォームとして多くの企業のアプリ開発を支援してまいりました。ビジネスにおけるアプリ活用が当たり前になるのと同時に、新しい機能や新しい顧客体験について様々なご要望もいただくようになり、アプリに対する期待値の高さを感じています。そこで、「Yappli(ヤプリ)」を開かれたサービスにし、自社サイトや自社システム、ベンダーとの連携を素早く簡単にすることで、より一層アプリの価値を高めいくことを目的にデベロッパーサイトを公開しました。

今後は、ECの商品情報や在庫数などと連携できるAPIを増やしていく予定です。例えば、ネイティブアプリでECが完結できるようになるほか、パーソナライズされたコンテンツの提供が可能になります。また、開発中のYappli SDKを自社ECなどへ埋め込むことにより、アプリ経由の売上やコンバージョンなど効果を可視化できるようになります。

■API連携を活用しているパートナー一覧


■SDK実装済みサービス一覧
Yappliで開発したアプリへサードパーティーのSDKを組み込むことによって可能な連携も進んでおります。主にユーザーのアプリ内行動を活用することができ、分析・解析・接客などに活かすことができます。 

○ 開発者向けポータルサイト「Yappli ディべロッパーサイト」
開発者向けの情報を集約し、誰でもYappliの可能性を広げる開発が行える環境を整えました。
URL:https://yappli.io/developer/

○連携の専任チームを発足
API連携の専任チーム、およびテクニカルサポートの設置を開始します。技術的な問い合わせ以外にも、パートナー企業向けの説明会など、APIを通じたコミュニティ形成にも注力してまいります。

■Yapplihttps://yapp.li/)について
Yappliはモバイル戦略を成功に導くアプリ開発サービスです。スマートフォンアプリを素早く開発・運用することができ、PDCAサイクルをまわすことが可能です。250社以上の導入実績があり、アパレル、ECや店舗販促用のアプリからオウンドメディア、BtoB、新卒採用まで幅広く活用されています。
《特徴》
・高品質なネイティブアプリがiPhoneとAndroid同時に作成可能
・直感的に操作できる管理画面でカンタン運用
・詳細な利用分析で費用対効果を把握
・クラウド経由で新機能続々登場、OSバージョンアップも即座に対応
・国産サービスのため安心のサポート体制

《株式会社ヤプリについて》
本社  :東京都港区赤坂2-14-27  国際新赤坂ビル東館19階
大阪支社:大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエストオフィスタワー18階
代表者 :代表取締役 庵原 保文
事業内容:アプリプラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」の開発・提供
URL   :https://yappli.co.jp