アプリ作成がさらに簡単「プリセット」機能リリース


Yappliでのアプリ作成がさらに簡単になる新機能「プリセット」をリリースしました。

「プリセット」を使うと、作りたいアプリのジャンル(例:サロンや電子書籍など)を選択でき、そのジャンルにマッチする最適な機能が最初からセットされた状態でアプリ作成を開始できます。

さらに、機能がセットされた状態だけでなく、サンプル素材(画像やテキスト)もセットされた状態で作り始めることができるので、そのサンプル素材がどのように管理画面に登録されて、どのようにアプリに反映されているのか確認しながら制作作業を進められます。

プリセットは何度でも変更できます。

それでは「プリセット」を紹介します。

 

①Yappliのアカウントを登録し、初期設定画面へ

Yappliのアカウント登録が終わり管理画面に初めてアクセスすると、初期設定画面にてプリセットを設定します。既にアカウント登録が終わっている方でもダッシュボードの「初期設定をやり直す」から設定できます。ただし、この初期設定をやり直すと、既に登録している画像やテキストは全てリセットされますので、十分に気をつけてください。

スクリーンショット 2013-10-31 18.40.14

 

②アプリ名を入力(6文字以内)

後からでも変更できますので、まずは仮で入力しても大丈夫です。アプリ名を入力したら次へいきましょう。

スクリーンショット 2013-10-31 18.42.59

 

プレビュー用のアプリ「Preview Yappli」をインストールし起動&ログイン

App Storeからお手持ちのiPhoneにPreview Yappliをインストールします。
このアプリは管理画面で作っているアプリをリアルタイムで実機iPhoneに反映させて確認できる、非常に便利なアイテムです。

インストールしたアプリを起動し、管理画面と同じID・パスワードでログインしましょう。
そこまで出来たら画面下の「接続テスト」をクリックします。

1031

 

④「接続テスト」をクリックでプッシュ通知が届きます

プッシュ通知がプレビュー用アプリに配信されたら接続テストの成功です。
参考までにこのプッシュ通知の開封率は平均で30%を超えるアプリならではの「凄い機能」です。

start_connect_test4

 

プッシュ通知の接続テストが完了したら「次へ」をクリックしましょう。

スクリーンショット 2013-10-31 19.09.32

 

⑤8つのプリセットから目的のアプリを選択
カタログ、店舗、電子書籍、イベント、ミュージックなど8つのプリセットを用意しています。

103103

 

作成したいアプリのジャンルを選択すると、、、
リアルタイムでお手持ちのプレビュー用アプリへ反映されます。

スクリーンショット 2013-10-31 19.11.29

 

最後に「決定」ボタンをクリックすると、初期設定が完了して管理画面へと行きます。

スクリーンショット 2013-10-31 19.12.30

 

⑥管理画面から「機能設定」ページへ行くと、プリセットで選んだ通りの機能が配置されています。

スクリーンショット 2013-10-31 19.13.44

 

⑦「コンテンツ管理」へ行くと、プレビュー用アプリで見た通りにサンプル素材(画像やテキスト)が登録されています。
もちろんこれらはサンプルですので、実際にはお客様のほうで画像やテキストを用意して頂き、差し替え作業を行います。

あらかじめサンプルの素材が登録されていることで、アプリの作り方がイメージしやすくなり、ずっと楽になるはずです。

スクリーンショット 2013-10-31 19.13.50

 

 

以上、Yappliでのアプリ作成が今まで以上に簡単になる「プリセット」の紹介でした。

ぜひ使って頂き、遠慮なくフォードバックを頂きたいと思います。